トップ

コンピューターによる負担

コンピューター注意点

恋愛

コンピューターで気を付けたい事

コンピューターを使用している時に、何気なく使用している人も多いのではないでしょうか。ゲームやショッピングなど、楽しいことも多いので、長時間使用してモニターを見ていることも多いでしょう。使用後に眼精疲労を感じる人も、利用時にモニターの明るさを少し変えることによって、目の負担がだいぶ楽になるのは知っているでしょうか。では、目に負担をかけない為にはどのようにコンピューターの調整したら良いのでしょうか。基本的には周囲の明るさと同じだと、負担がかからないと言われています。明るすぎても暗すぎても負担はかかってしまうのです。

画面の明るさを調整する利点

近年のコンピューター用ディスプレイは、バックライトの明るさが非常に高い状態で販売や出荷される傾向にあるため、購入後はすぐに画面調整を行うのが望ましいといえます。一般的に端末ではなくディスプレイ側の設定を使用して、輝度及びコントラストを変更することが可能となっていますが、使用状況によってはコンピューター側のグラフィック設定も合わせて調整すると様々なメリットへ繋がります。主な利点としては長時間のデスクワークにおける疲労軽減に加えて、バックライトの光量を抑えると消費電力へ影響するので節電としても有効です。

電子計算機の便利情報

新着情報

↑PAGE TOP